朝ジュース

今年の目標のひとつ。
「健康につながる習慣を増やすこと」

そこで【朝ジュース】を始めました。

【朝ジュース】とは、朝食の替わりに手作りの生ジュースを飲むというもの。
以前も一時期やっていたのですが、朝は何かと忙しくジューサーで作ると
後片付けに時間がかかるため結局長続きしませんでした。

そこで今回は「習慣化すること」を目標に、ジューサーではなくミキサーで作ることに。
健康維持のためならミキサーで作ったジュースでも十分に酵素を取り入れられます。
食物繊維も含むので腹持ちもいいし、血糖値の急上昇も抑えることができるのが利点です。


そしてなぜ朝なのか・・・
これは人間の一日の身体のリズムに関係しているんです。
酵素の働きからみると一日を3つに分けて考えます。

午前4時~正午   排泄の時間
正午~午後8時   栄養補給と消化の時間
午後8時~午前4時 吸収と代謝の時間

排泄の時間である朝は代謝酵素がメインで働く時間。
そこで無駄な消化酵素を使わないために消化のよい生のフルーツや野菜をとることで
排泄がスムーズに行われるのです。

ただし空腹であることが大事。
前日の夕食が遅かったり、食べ過ぎていたりすると消化酵素を浪費しすぎて
代謝酵素がしっかり働きません。
夕食はできるだけ早く済ませ、8時を過ぎるときは消化に負担がかからないものに。





昨日の朝ジュース
e0229440_12394973.jpgはちみつ大根ジュース
大根/にんじん/りんご/はちみつ

大根は消化を助けたり身体を温めたりする働きがあるので今の季節にぴったりの食材。
ビタミンCも豊富なので風邪の予防になります。






今日の朝ジュース
e0229440_12483846.jpg小松菜豆乳ジュース
小松菜/リンゴ/プチトマト/豆乳

小松菜のカルシウム含有量はほうれん草の3倍。
リンゴは皮にポリフェノールが豊富に含まれているので皮ごとミキサーへ。




果物や野菜は旬のものをとるのが一番!
苦味や辛味がある食材にはリンゴやレモン汁を合わせると
味をまろやかに飲みやすくしてくれますよ。
[PR]
by a-Linden | 2012-01-09 13:13
<< 今年の初活けこみ 初詣 >>